2008-12-29

PortraitProその3


PENTAX K20D・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 2.1・PortraitPro
こちらのショットでは顔のパーツの設定の設定のときにエラーが出ました。かまわず続けてみましたが、うまく調整は出来ているようです。
モデルは朝井恵さんです。

PortraitProその2

上下逆さまになった顔はどうかなと思ってやってみました。エラーになることはなく、設定が出来ましたが目や唇の設定がうまく反映させていないようです。またあごの下の処理もちょっと変ですね。
あごの下の処理は被写体が女性ということを考えると、これは命取りかもしれません。ちょっと調整をやりすぎたのかもしれませんが。
モデルは西岡めぐみさんです。

PENTAX K20D・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 2.1・PortraitPro

2008-12-28

PortraitProのMac版が発売

ちょっと前にサイトのFAQを見たときは、リソース不足のためMac版の開発予定なしとか書いてあったような気がするのですが、昨日見てみたらちゃっかりPortraitProのMac版が発売されていました。早速、ダウンロードして使ってみました。バージョンは8になったようです。
ソフトの出来はまだちょっといまいちな感じはあります。フルスクリーンにするともとに戻せなくちゃちゃったりとか。
JPEGのみなら、1万円以下ですし、RAW&16bitTiffが使えるのはバージョンでも1万円そこそこの金額でかえるので、気軽に買えますね。体験版があるので試してからかえるのがいいです。

起動するとこの画面


目の位置とかを指定して


細かな調整をスライダを使って行います。

最初に目の位置とかをウィザード形式で設定した後に細かく調整をしていくのですが、それがあだになってApertureから外部エディタで開こうとしても最初の画面で止まってしまい、ファイルを開くことができません。Aperture情で外部エディタで開いたときに複製されたTiffデータを手動で開き直す必要があります。やはり、プラグインで発売されるのが理想的ですね。インターフェースももっとMacライクになるでしょうし。
機能はといえばやはり肌を滑らかにする処理が簡単にできるのがいいですね。欲を言うともっと輪郭や、あごの細さ、唇の厚さとかを細かくコントロールできたらいいのですが。ただ元々綺麗なモデルさんに適用すると必要以上に作った感が出てしまうかもしれません。
K20DのRAWファイルを開いてみましたが、これはいまいちでした。色がなんか全然駄目です。一応ちょっと色調をコントロールできるのですが、開いた時点での色がだめすぎるので調整しきれない感じです。やはりApertureで現像してTiff出力した方が良さそうですね。


Apertureで現像

PortraitProで加工
PENTAX K20D・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 2.1
モデルは松岡奈波さんです。

2008-12-08

環七の歩道橋からの眺め

会社から歩いて帰る時に、通る環七の歩道橋から撮影して見ました。夜なのでシャッタースピードが遅くなり、ライトがいい感じに流れてくれるかなと思いましたが、期待したどでは無かったですね。車が直ぐ下に来た時がベストタイミングなのですが、なかなか難しいです。




2008-12-04

三渓園にいってきた



PENTAX K20D・SIGMA 50-150mm F2.8 APO EX DC HSM・Aperture 2.1

とりあえず秋なので紅葉を撮らねば!ということで三渓園に行ってきました。
結構寒さも本番になってきていますが、まだ、100%の紅葉と言うにはちょっと早かったようです。
という訳だからではないですが、夕日に浮かぶ手漕ぎ船をポストしておきます。撮ってるときは思いっきり逆光だったので、使い物にならないかな?と思ってましたが、意外といい感じに撮れました。レンズのおかげでしょうかね。

2008-11-01

六本木ヒルズからの眺め

ちょっと前になりますが、六本木ヒルズでやっていた、水族館に行ってきました。チケットは、水族館のほかに森美術館と展望台がセットになっていて、結構高かったですが、屋上の展望台は結構眺めがよくてよかったです。



Apple iPhone 3G

2008-10-28

比呂美さん


PENTAX K20D・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 2.1

引き続き撮影会の画像を掲載。15歳だそうです。やけに整った顔ですね。iTunseのカバーアートを地道に集めていたら、ジャケット風の写真が作りたくなったので今回は正方形にトリミングです。ちょっと体が白ととびしちゃってるので、顔だけ浮いちゃってる感じになっちゃってますね。

2008-10-27

Snow loeperdではデフォルトのガンマが2.2に変更される模様

手元のMacでも、すでに2.2に変更しちゃっているので、個人的には違和感はないですね。Windowsとの写真の見た目の違いも無くなるので紙ものメインの人は不満かもしれませんが、いい決断だとおもいます。
ちなみに、このポストは、iPhoneから投稿しています。

2008-10-22

アイドル撮影会に参加 佐藤正美さん


PENTAX K20D・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 2.1
先日フレッシュ撮影会にいって来ました。写真は佐藤正美さんという方です。
今年のPIE以来2回目の撮影会。PIEの時は惨敗でしたが今回はなんとか見られるように撮れましたよ。
モデルさんが11人も出てきてお得でした。

2008-10-21

引き続きSIGMA 50-150mmF2.8 APO EX DC HSM at 三茶de大道芸



Dualis
PENTAX K20D・SIGMA 50-150mmF2.8 APO EX DC HSM・Aperture 2.1

買ったのは2週間くらい前ですが、本格出動はこの前の土曜日が初めて。
レンズ内モーターは静かでいいですが決して早い訳ではないのが、悲しいところです。
ちなみにDualisのバイオリン担当の子は結構お気に入りです。来年も三茶に来てね。

2008-10-19

SIGMA 50-150mmF2.8 APO EX DC HSM PENTAX用を購入

Dualis
Dualis
PENTAX K20D・50-150mmF2.8 APO EX DC HSM・Aperture 2.1

同じSIGMAの70-200mmとさんざん迷って、結局こちらにしました。決め手はやっぱり重さですね。レンズで1.4Kgとなるとずっとホールドするには結構厳しいと思います。それと広角側の20mmの差も結構大きいかなと思います。逆に望遠側の50mmの差は18-200mmで試したところ、意外と小さいと感じました。望遠側が150mmだと、DA☆60-250mmが発売されたときの購入の言い訳(誰に?)にもなりますしね。あとはPENTAXの場合はしばらくはフルサイズのことを心配する必要もなさそうなのも選択理由の一つですね。
もちろん今の時点で60-250mmがでてたら、そっちを買ったと思います。ちょっと仕事が遅いですね。PENTAXさん。

写りはやはりSIGMAらしくピンがあったところはシャープで満足のいくものです。ただ今回のような、被写体が結構動くような物だと、ピントあわせが追いつかないですね。ピント自体の薄さも相まってじゃスピンの確率が結構低いです。この辺は次期K30Dこそ、改善してくれるはず。とにかく画素数のUPはもういいですから、低ノイズ化とダイナミックレンジの拡大、そしてシャッター回りの改善を最優先でお願いしますよ。個人的には防塵防滴はなくなってもいいです。

ちなみに被写体はDualis(デュアリス)というクラッシックユニットです。写真は2人しかいませんが3人のユニットです。同名の車が発売されたので知名度も上がってきたかな?

2008-09-24

国立新美術館その3


PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1

しつこく国立新美術館の写真です。建物系にはSIGMAの10-20mmがとても重宝しますね。
パースが極端なので、簡単に迫力のある写真が撮れます。さて次は魚眼狙いでしょうか。

2008-09-17

国立新美術館に行ってきたその2


PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture 2.1


PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture 2.1

引き続き建物内部です。内部には2つの島のような場所があり、最上階がレストランや喫茶店になっています。ここから見る眺めも良さそうですが、値段が結構するので入るのはやめました。でもいつかは来たいと思っています。外から見たガラスのうねりは中かなら見るとまた違った表情で楽しませてくれました。

2008-09-14

国立新美術館にいってきた



PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture 2.1

外に出ても過ごしやすい季節になってきたので、久しぶりに撮影に行ってきました。前々から行ってみたいと思っていた国立新美術館です。故黒川紀章氏の設計した、自然との融合をテーマにした建物を撮影するためです。
前面は局面を描いたガラス張りになっていてとても綺麗ですね。細かなグリッドが波打つ様は見ていて迫力があります。建物の内部にもお金を払わずに入ることができるので、建物の撮影だけが目的の方にもおすすめですよ。

2008-07-25

iPhoneを購入


PENTAX K20D・FA31mm F1.8AL Limited・Aperture




神代植物園・PENTAX K20D・TAMRON SP90mm F2.8 Di Macro・Aperture

発売日の翌日の土曜日に無事ゲットできました。一度始発で表参道へ出動したものの、8GBしか在庫が無いと言われ、あえなく撃沈。その後2chのスレをチェックしていたところ、表参道に16Gが緊急入荷!との書き込み。ただ、事実かどうかがわからなかったので、えーい!だめ元で行ってみるか!と思い行ってみると、本当に緊急入荷があり、そのまま購入となりました。結局ならんでから手に入るまで2時間ちょっと。朝イチで並んでいたら4時間以上あったので結果オーライでした。途中の嵐さえのぞけば・・・。
使い勝手はというと、日本語入力の変換候補のもたつきはあるものの、使い勝手はとてもいいのでよい買い物をしたと思います。
用事があって田舎に帰ったのですが、iBookの代わりにこれだけでいいので、荷物の軽量化にも役立ってGoodです。何よりも驚いたのが、田舎の母親もiPhoneのことを知っていたこと。画面を指で操作するのがかなり印象に残ったみたいで、GoogleMapを触っていたら、「これは例の電話かい?」と、食いついてきました。ソフトバンクの行列作戦大成功!という感じですね。並ばされるこっちはたまったもんじゃないですが。

2008-07-08

田舎へ帰る


PENTAX K20D・TAMRON SP90mm F2.8 Di Macro・Aperture2.1

夏休みではないのですが、先週の週末に田舎へ帰りました。
7月に帰るのは2回目くらいかな。
写真は、庭にいたかえる。植木鉢の下にちょこんといました。えさでも狙っているのでしょうか?
翌日見ると同じかえる(違っててもわからないけどね。)が、また、同じ場所にいました。植木鉢の下をすみかにしているのでしょうか。雨が降らないと植木に水をあげることになるので、水気には困らないし、結構すみやすいのかもね。

2008-07-02

iPhoneゲットできるか?



PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1
近くのSOFTBANKショップに予約できるか聞いてみたところ、やっぱりNGでした。逆に予約を受け付けていたら確実に手には入らなそうなので安心をしたりして。店頭に並ぶとして、問題は何時から並ぶかかな。前日からだとちょっとつらそうだし、かといって朝からじゃ間に合わなそう。やっぱり11日は休みを取って時々偵察に行くしかないかな。きつい一日になりそうだ。
でもその日の夜はちょうど友達との見に行く約束をしているので見せびらかせそう(笑)
写真は例によって大好きな、「細かいもの細い物」シリーズです。

2008-06-23

DMX-HD1010が発売されました。


PENTAX K20D・TAMRON SP90mm F2.8 Di Macro・Aperture2.1
2chや価格.comを見ていてもあまり購入報告が無いですね。HD1000のときは89,800スタートだったから、様子を見ているのかな。それはそうとHD1010も録画中の露出補正は出来ないようです。残念ですね。画質が改善されてもせっかくの露出がだめだと宝の持ち腐れになっちゃいますよ。次期モデルに期待です!

2008-06-15

副都心線にのってきた



PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture2.1
うちから近い&やることが無い、ということで、副都心線に乗ってきました。
乗ってくるというよりは、副都心線の渋谷駅を見学といった方がいいかも。
田園都市線から乗り換えましたが、結構近くていいですね。表参道よりのホームから地下へ続く階段が出来ていました。
ポスターには地宙船なるキャッチコピーが入っていて、吹き抜けになった部分からホームを見下ろせる構造になっていましたが、思ったよりも狭い感じでした。横浜みなとみらいの駅のような感じを想像していたのでちょっと期待はずれな感じはしましたね。
地下は3層構造のようになっていて、改札の下がおそらく東横線の終点ホーム。その下が副都心線の直通駅になっている模様。東横線はまだつながっていないので、ホームには入ることができませんでした。



PENTAX K20D・SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC・Aperture2.1
副都心線のホームは4つの線路があって、そのうち真ん中の2本はまだつながっておらず、通路になっていました。数年後にはここを歩くことはできなくなってしまうようです。



PENTAX K20D・FA31mm F1.8AL Limited・Aperture2.1

ホームの新宿方面の方は地下へ続く線路を見ることができ、ちょっといい感じの風景になっています。吹き抜けの部分とここはベストショットポイントですね。人がたくさん群がっていました。
残念ながら、新型車両に乗ることはできませんでした。ただ、運転手さんが新人なのか、緊張していたのか、停車位置の手前で止まって位置を修正するということが3回ありました。オーバーランではなくアンダーランでいいのかな。月曜日からラッシュアワーがありますので、ミスの無いように気をつけてもらいたいですね。

2008-06-11

iPhoneが発売!


PENTAX K20D・TAMRON SP90mm F2.8 Di Macro・Aperture 2.1
予想よりも早くにiPhoneが発売になりますね。携帯電話は電波を使う関係上、発売前にお役所に許認可をもらう必要があり、その情報が発売前よりもかなり前に、公開されるため、事前にばれちゃったりするのですが、7/11日の発売の機種が6/10日の時点で公開されることはありませんでした。もともと、内緒にしてね、とお願いすれば内緒にしてくれるのか、Appleが特別なお願いをしたのかは定かではないですが、やってくれましたね。
auユーザーの自分としては、MNPするかは家族割りもあって、まだ迷っていますが通話をあまりしないのでかえってホワイトプランにした方が、安くなって良さそうな気はしてます。連れには迷惑をかけることになりますが・・・。
予約も都内では結構入っているようなので、決断するなら早めにした方が良さそうです。

2008-06-07

DMX-HD1000で撮る目黒川緑道のカルガモの子供たち


SANYO DMX-HD1000(今回は音があります)
ちょっと公開が遅くなってしまいましたが目黒川緑道のカルガモの様子を撮影してきました。
撮影したのは5月16日と18日なので、今はもうかなり大きくなって、子供ならではかわいさもなくなっちゃってきてると思います。

それから待望のac Proをゲットしました。Apple Storeの整備品で282,100円です。最初ファンからちょっとうなるような音がして、ああやっぱり整備なのか・・・と不安になりましたが、ふたを開けて、ぐりぐりやったらしなくなったのでよかったです。
今回の動画はiMovie'08で編集していますが、やはりサクサク動くの編集がしやすいですね。G5のHDDからデータを移行したせいか、最初iMovieのウインドウが表示されなくてあせりました。対策を探してみるとAppleのディスカッションボードにありました。ディスプレイのプロファイルを、再選択したり、設定し直したりすると、なおるようです。確かにG5で設定していた、プロファイルが引き継がれていなかったので、改めて、設定し直すと無事表示されるようになりました。

そういえばHD1000の後継機が発表されましたね。型番がHD1010と10しかアップしてませんので、マイナーチェンジになるようです。筐体もかわっていません。ただ、エンジンが高速され、小さいですが300fpsで撮影ができるようになりました。それとエンコーダーが見直され、画質が向上しているようです。20日発売とのことなので実際どれくらい画質が向上したか、レポートが楽しみですね。
300fpsはそんなにひかれませんが、画質の向上は気になりますね。それよりも撮影中の露出補正は出来るようになったかな。

2008-06-03

深大寺で猫写真


PENTAX K20D・FA31mm F1.8AL Limited・Aperture 2.1

いい天気だった先週の日曜日は、調布の方にある深大寺&神代植物園にいってきました。
深大寺のあたりはちょっとした京都のような感じになっていて深大そばが名物になっています。
ここに来るのは2回目で前回は植物園の方を見終わったらお寺の方はもうしまっていて入れなかったので
今回はお寺の方を先にみてきました。まあ、小さいお寺なのでそんなに見るところは無いのですが境内のところに、猫が気持ち良さそうに寝転がっていたので、パチリ。今回からPEFデータで現像しています。かなりアンダーになってしまったのですが、露出を持ち上げてみたら結構雰囲気のある写真になりました。顔の部分は2.1から実装されたPluginで覆い焼きをしています。

2008-05-29

Aperture がK20Dに対応


PENTAX K20D・SIGMA APO 135-400mm F4.5-5.6 DG・Aperture 2.1

PENTAX K20D・TAMRON SP90mm F2.8 Di Macro・Aperture 2.1

Aperture がというよりはMac OS Xがという感じなのですが、やっとK20DのPEFファイルを読み込めるようになりました。やはり発売してkら3ケ月弱かかりましたね。
OSレベルのアップデートだと検証とかも時間がかかるのでしょうが、ライバルがAdobeなだけにもう少し早めに対応してくれないと、今後はちょっと厳しいんじゃないでしょうか。


それはそうと、HDRIが作成できるプラグインが、公開されました。Hydra 1.5というソフトウェアです。早速試してみましたが、残念ながら、認識はするものの起動することができませんでした。別途、単体のアプリケーションもあるのでそっちを使ってみましたが、結構いい感じですね。価格は$59.95なので気軽に購入できる金額です。
Vivezaの方も正式にリリースされました。こちらも結構軽くていい感じです。ただ金額が$249.95なので、ちょっとこちらは、Aperture本体の金額を考えると躊躇します。

2008-05-24

目黒川緑道の子ガモ





PENTAX K20D・SIGMA APO 135-400mm F4.5-5.6 DG・Aperture 2.1

今年も目黒川緑道の鴨に子供が生まれました。
毎年楽しみにしているのですが、時々チェックしにいっても、5月の気まぐれな天気のせいで、なかなか生まれたてのタイミングに会うことができませんね。残念ながら今年もだめで、写真は生まれてから2週間ほどたっています。2週間もすると結構大きくなってしまっていますので、大人な感じで赤ちゃんの頃のまんまるのフワフワ感がちょっとなくなってきちゃってますね。来年こそは生まれたての写真をおさめたいです。

zenback