2009-06-29

PENTAX K-7を購入

無事初回入荷分に入ることができ、ゲットできました。やはり新しいカメラはいいですね。
とりあえず、気になったことを以下にて。

■画質
ちょっとノイズは増えているようです。少なくとも画質キープはしてほしかったのですが・・・

■アイリスロック
位置はわかりやすくていいですね。また、触ったときに明らかな突起を感じることが出来るのでブラインド操作時の安心感につながっています。

■測距点選択
これはかなり改悪となりました。色温度などの設定をダイレクトに呼び出すために、十時キーに割り当ててしまったため、測距点を選択する時は、測距点を設定するためのモードに切り替えなければならなくなりました。
さらに十時キーの触感が悪く、ブラインドではどこを押しているかわかりにくいため、間違ってINFOボタンを押してしまうと、測距点モードがクリアされてしまい、測距点を移動しようとすると、色温度変更の画面になったりとストレスがたまります。
個人的にはK20Dのように、その辺の設定はそれほど、頻繁にかえる訳ではないので2アクションでも全く問題なかったため、この仕様には納得がいきません。開発時にもその辺の意見は出ていたそうなので、なぜ、そちらの意見が通らなかったのかが疑問ですね。

■グリップ
かなりよくなりました。握りやすくホールドしやすいので、軽量化も相まって片手でもっていても指先が疲れにくくなっています。

■動画
マニュアルフォーカスはなかなか厳しいものがありますね。フォローフォーカスシステムと、外付けの小型HDMI対応モニターが欲しくなります。
最大の解像度で撮影すると、なんだかエッジにジャギーが出ています。解像度分のピクセルで撮影されていないような感じです。これはかなり残念です。

■露出補正
メインディスプレイでは5段分の補正表示が出来るのですが、ファインダー内では3段分しかありません。メインディスプレイを見ながら露出補正をすることはないので、宝の持ち腐れな感じがします。

■シャッターまわり
小気味良く動作するのがいいですね。やっと人並みのメカを手に入れたという感じです。軽快なシャッターは撮影していても、気分がいいです。大げさにいうとこれだけでも買い替える価値があるかも。

■フォーカス
基本的なセンサーは一緒なので、性能的にはほとんど変わりありません。色温度センサーを組み合わせているようですが、今のところ効果は実感できていません。ピントの精度も相変わらずです。ただ、補助ライトがついたおかげで暗い場所で合いやすくなったようです。

2009-06-24

PENTAX K-7の動画の本気度

K-7の動画撮影機能は一般的には、おまけ機能として認識されていますが、個人的には本気度は結構高いのではと考えています。

その要因として外部マイク端子を備えていること。おまけ機能なのであれば、コストアップになりますから真っ先にカットされるでしょう。
それをあえて、つけてきたということは将来的に動画関連の機能アップが図られるからではないでしょうか。
それはなにかというと、やはりフルマニュアルでの撮影でしょうね。先のトールライブでのPENTAXの技術の方の話の中にファーム用のメモリも多めにつんであるとの発言がありました。新しく出るであろうレンズ用の歪曲補正データを入れるためというのもあるのでしょうが、今後数年で発売されるのも多くて10本くらいでしょうから、多めにという発言をわざわざいわせるだけの容量は必要ないと思います。メモリって高いですよねぇ〜。

もう一つにしぼり用のアクチュエータを別途用意したこと。これはライブビュー時に被写界深度が確認できるので、現時点でもメリットがありますが、100%活用できるのが動画撮影時のリアルタイム絞り変更ですね。録画前に被写界深度が確認できるのは動画撮影でもかなりのメリットがあります。
単に明るさのために絞りをかえるのは、レンズによっては被写界深度がかわってしまうので、ゲインやシャッタースピードでコントロールした方がいいのかもしれませんが。

2009-06-15

お台場のガンダム



PENTAX K20D・SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC・Aperture 2.1
まだ完成はしていませんが、早速見てきました。完成前ですが土曜日なので結構な人です。
とはいえ、大きいので膝から上であれば、撮影するのは苦労はしないですね。出来なそうとうなもの。かかるお金も相当でしょうが、技術力もたいしたものです。日本に生まれてよかった〜!と叫ばずにいられないですね。
そばにいた親子の会話。
お父さんは「すげー、かっこいいー」と感動していましたが、子供の方は「こんなのいいから、早くいこうよ〜」と言っていたのが印象的でした。(笑)じっくり見させてやってください。
そうそう、写真に撮るなら朝の方がいいですよ。昼過ぎだと逆光になってしまいます。後ろ姿は逆に午後のがいいですが。
他の方の写真を見ていると、午後なら夕方がいいですね。夕日をバックにそびえ立つガンダム。格好良すぎます。

2009-06-03

PENTAX 645D

K-7も発表されて、一段落してきましたね。

次の話題はというとK200Dの後継機と645Dですが、個人的に期待しているのが645Dです。おそらく購入は出来ないと思いますが、やはりPENTAXのフラッグシップ機となりますので期待は高いですね。個人的な希望としては撮像素子にはやはりFOVEONを使ってほしいです。ダイナミックレンジやノイズ耐性など問題はありますが、やはり高い解像力はとても魅力的です。

会社もSIGMAに買収されたことですし、アプローチもしやすいのではないでしょうか?645D用の大型素子の開発に成功すれば当然35mm・APS-Cへの展開も期待できますし、DP 2のようなPENTAXとは競合しないカメラにも同じ素子を使ってもらうことでコストも下がりそうな気がします。

現状のFOVEONは実質400万画素ぐらいですが、K20D相当かそれ以上のダイナミックレンジとノイズ性能で、645で3000万画素、APS-Cで1200万画素くらいを実現できれば、相当な画質革命になることは間違いないでしょうね。
また、645Dにはぜひ動画撮影機能をつけてほしいです。いや絶対つけるべきです。4Kとはいいませんから2K動画を最高の画質で撮影できれば、スチルユーザーのみならず、動画(シネマ)業界の方々も結構注目して使ってくれるのではないでしょうか?下手をすると動画ユーザーの方が多いくらいかもしれませんね。ProRES 422で録画なんて出来たら最高ですよ。

EOS 5DとREDの中間なので、カメラとしての位置づけもいい感じです。EOS 5Dが実際に映画やプロモーションビデオに使われていることを考えると、潜在的なマーケットは大きいのではないかと思います。
PENTAXとSIGMAが手を組んだら最高のカメラが出来そうな予感がします。

zenback