2010-05-31

好き嫌いの多いディープレッドホタルテトラへ活きイトメ


charmのSNSのほうで食いの悪いディープレッドホタルテトラのポストを投稿したら、イトメはどうかとアドバイスをいただきました。
ということで、2匹いるうちの餌食いが悪く気の弱いディープレッドホタルテトラに活きイトメを上げてみました。活きイトメ正解ですね。ピンセットで一匹つまんで目の前に出してあげると、逃げることも無く直ぐに食いついてくれました。自分の体長以上のイトメを美味しそうに食べてくれました。おかげで、小さなお腹はパンパンですよ。

しまいにはレッドビーシュリンプと餌を取り合ってます。でも結局負けてます・・・。ひっぱられるイトメがちょっとかわいそうですが。


もちろんもう一匹の元気な方も食付きは抜群です!

2010-05-27

テトラ クールファン CF-60を購入



30cm水槽用にクーリングファンを導入しました。久しぶりにcharmさんでの購入です。
いろいろあるので迷ったのですが、シンプルでファンの大きそうなタイプであるテトラのCF-60という機種を購入しました。
水槽の淵につけようとしましたが結構クリップ部分が大きいのでライトのアームにつけることにしました。ファンの向きが結構自由に動かせるので、水槽全体に風が行き渡るようにセッティングするのが楽でした。
ファンなのでそれなりの音がしますが、致し方ないところでしょうか。もう少し音が小さいといいのですが。風量は結構ありますね。まだ、それほど暑くはないので、ライトと一緒にタイマー動作させています。真夏はつけっぱなしじゃないと厳しいかな。
効果はまだ、いまいちわかりませんが、真夏になったときに水温が28度くらいで抑えられればいいと思っています。

2010-05-23

a-blog CMSのルールとテンプレート

a-blog CMSには独自のルールと言う仕組みがあります。
これは、予め条件を定義しておいて、その条件に当てはまった時の挙動を記事の表示の仕方などをコントロールできるというものです。

サイトにはコンフィグという設定事項があって、まず何も条件ににあてはまらないとき挙動を設定できます。そういった意味でデフォルトのルールという感じで捉えた方がわかりやすいと思います。ここで例えばテンプレートの指定などを設定します。


ルールはこのコンフィグを条件によって切り替える機能です。
ちょっと試してみましょう。まずPhotoというカテゴリの下にポートレートというサブカテゴリをつくります。カテゴリにはカテゴリーコードとIDがあり、カテゴリコードはイコールURLになります。(この場合だとhttp://localhost/photo/portrait/)IDは変更不可能なユニークな番号が自動で割り当てられます。

ルールの設定画面でこのカテゴリのトップページの場合に画像の一覧で表示させることにしましょう。ここでは元のテンプレートにあった、product.htmlをベースにしてみましょう。

ルールの設定でルール名に「ポートレートの時」、詳細情報のカテゴリーIDの欄にポートレートのカテゴリIDである7を設定します。右のプルダウンメニューの条件は「=」(イコールにします。)

一覧に戻って(ここがちょっと面倒)こんどはコンフィグページから、テーマ設定のページに移動します。ここの一覧ページの欄がカテゴリのトップページのテンプレートを設定するところです。ここととりあえずproducts.htmlにしてみましょう。

すると、下のようなレイアウトになります。このままでもいいのですが、このテンプレートを流用してもう少し画像を大きくカスタマイズしてみましょう。
テンプレートはMAMPの中のthemesのなかにいろいろ入っています。products.htmlを複製してportrait.htmlを名前を変えてテンプレートをDreamweaverで変更してみました。先程のテンプレートの設定欄にportrait.htmlと入力します。

このテンプレートには記事をサムネールで出力することのできる、専用のコードが記述されています。
これは使用するモジュールを指定しているもので、a-blog CMSではモジュールを使って記事を抽出して表示をさせるのが基本です。
モジュールはコンフィグのモジュールページで予め条件を名前をつけて登録してやる必要があります。products.htmlで使用せれているサムネール表示のモジュールは下から2番目のcorpThumbnailListtという名前で設定されています。これをもとにモジュールを作成したいところですが、残念ながら複製ができないので、設定を新規作成して手で入力してあげる必要があります。表示件数を変えたい場合は、そのパターン分作成する必要があるので、複製機能をつけて欲しいですね。
大まかな流れとしては予め用意されているモジュールを指定して、表示条件を設定、1ページに表示する記事数などを設定するといった感じです。

作成ボタンを押して下記のように設定します。


作成できたらまた一覧に戻って、モジュールの詳細を設定します。ここで表示件数や1行の記事の件数、サムネールの大きさを指定できます。

テンプレートのhtmlとCSSをちょこっといじって表示を調節してあげるとこんな感じになりました。


5月30日までにインストールして、ブログに記事をアップするとなんとiPadが当たる太っ腹キャンペーンをやっています。よかったインストールしてみてね。

a-blog cmsを試してiPadをもらおうキャンペーン

スープカレーを食す

自由が丘のマリ・クレールフェスティバルに行ってきました。各商店の小物や洋服、料理の出店が出ているというのでそれが目当てだったのですが、初めてスープカレーなる物を食べました。
物産展にいくとレトルトのスープカレーが売っていて気になっていたのですが、レトルトだとパッケージの写真とは異なり具がとても小さいだろうと予想して、買うまでには至らなかったのです。
で念願のスープカレーということになったのですが、感想としては普通のカレーのほうがいいかなといった感じ。スープとしては美味しけどカレーとしてはちょっとものたらないかな。お店にもよるのかもしれませんが、やっぱり本場北海道にいかないとだめかな?

2010-05-20

a-blog CMSを1.3b2をインストールする

Adobeのドリームウィーバーを使用している人にオススメなブログシステム・CMSがあります。
その名はa-blog CMS。その名前が示す通りブログライクなCMSです。仕事で使用したことがあり、とても使い易くカスタマイズが楽でした。

テンプレート作成が容易。

オリジナルのブログを作る際のポイントとしてオリジナルのデザインにしたいというのがあります。a-blog CMSはテンプレート作成するのにドリームウィーバー上で見た目のまま作成できるのがポイントです。
面白いのが、すでに静的なhtmlのサイトがあった場合そのファイルをテンプレートフォルダに入れると、CMS内で扱うことができるようになります。CMSから入力したコンテンツは専用の記述をしてやらないと、表示はできませんがとりあえずは全部を入れてしまって後からすこしずつ動的な部分を増やしていくという運用が可能になります。
とりあえず入れちゃえ!というのが好きですね。

インストール

とりあえず、a-blog CMSのサイトから新バージョンである1.3b2をダウンロードしてきます。いきなり運用したい人は1.2.1にしておきましょう。ダウンロードすると下記のようなファイルがありますのでお読みくださいにしたがってインストールします。ちなみにMac OS Xです。
今回はローカルでのウェブサイトテスト環境であるMAMPにインストールしてみます。そのへんの詳しいことはMAMPを使ってa-blog cmsをローカル環境で動作させるを御覧下さい。
初めてこの手の物を使う人はデータベースの扱いが難しいと思うかもしれませんが、怖がることはありません。変になってしまったらMAMPをインストールするところからやり直せば問題ありませんし、そう大した手間ではないと思います。後述しますが、なれるとインストールはあっという間です。

表示までにどれくらい?

試しになれた場合、どれくらいの時間でテストページが表示されるまでかかるか実験してみました。
結果は・・・?
4分26秒2でした。本気で全くロスなくやれば4分は切れそうな感じです。簡単でしょ?ちなみに表示されているのは、company1というテンプレートです。Main imageと書かれている部分は、カスタムフィールドというのを使用していて、管理画面で簡単に変更ができます。


ちょっとカスタマイズ

とりあえずメインイメージとカテゴリ名を変更してみました。また、当ブログのエントリーを4件ほど入れるとこんな感じです。なんかそれっぽいでしょ?
さて、当ブログもa-blog CMSにしようかな。ちなみに非商用であれば個人ユーザーは無料で使用できます。(要申請)

とりあえず、今回はこのへんで。

おっと忘れてた!

5月30日までにインストールして、ブログに記事をアップするとなんとiPadが当たる太っ腹キャンペーンをやっています。よかったインストールしてみてね。

a-blog cmsを試してiPadをもらおうキャンペーン

2010-05-13

ほのか旅ならぬほのか水槽

鉄道写真家の中井精也氏の写真展「ほのかたび」を見てきました。PENTAXのカメラの画質モードのほのかを使った鉄道写真です。レイルマン中井の一日一鉄!というブログをやられていて、毎日鉄道を絡めた写真を掲載されています。
プロの方だけあってブログ用にするには勿体無いほどのクオリティ。ブックマークにおすすめです。

鉄道を撮るのにも興味はあるけど、出不精なのでなかなかチャンスはないので、うちの水槽の写真をApertureでほのかっぽい感じに加工してみました。

2010-05-07

30cmキューブハイ水槽の動画





久しぶりにビデオを撮りました。魚をもっとよってとりたいのですが、マクロ領域は広角側でしか取れないですし、すばしっこく動くのであまり近くによると流石に追い切れないですね。テレ側でマクロ撮影できるデジカメがほしいです。PowerShot SX1の後継機はまだかな。でもiPadやら新型iPhoneやらで予算はないですけどね。
いやK-7で撮れれればいいんですけど、ちょっとノイズが・・・

2010-05-04

ニューゼブラオトシン

ニューゼブラオトシン

30cm水槽にはオトシンが2匹います。1匹は通常のオトシンで、もう1匹はニューゼブラオトシンです。名前の通り全身にシマシマがはいっていて可愛い上にとても綺麗なオトシンだと思います。
最近は苔もつきにくくなってオトシン的にはちょっと住みづらいのかもしませんが、なんとか痩せることも無く生きていけてるようです。水草はおおいので目に見えない茶ゴケが結構付くのかな?
オトシンというと気になっているのが、ボルケーノオトシンとタイガーオトシンです。ボルケーノオトシンはちょっと高価ですが、オトシンならではのきょとんとした顔とシャープなボディラインがすきですね。ただ、迂闊に買うと餓死させてしまいそうなのでなんとか我慢しています。やはり新しい水槽を・・・。

2010-05-02

エデニックシェルトが目詰まり

最近なんだかガラス面に苔が増えたなーと思っていたら、なんとエデニックシェルトが目詰まりを起こしていました。
濾材が目詰まりをしたのではなく、濾材の詰めすぎのようです。水が入ってくる部分(写真右部分)ギリギリまで濾材を入れていたら、ウィローモスが大量に吸い込まれて、パイプ内に詰まってしまったようです。そこに細かなゴミが積もり積もって、通水がまったく無くなってしまいました。
上の部分はちょっと空けとかないとこわいですね。水が出て良く部分には隙間を開けていたのですが、入ってくる方にはあまり気を使っていませんでした。
ちなみに濾材の最後の部分には、リバースグレイン・フレッシュを入れています。ホワイトグローブのためにPHを7付近にまでしようと思って入れたのですが、最近はまた、6.6くらいまで下がってきちゃってます。思ったよりも持続しませんでしたね。ただ、吸着効果が終わっても、生物濾過にも使えるのでそのままにしています。サイズも小さくて、細かなゴミを物理濾過もしてくれてこのフィルターには使うにはおすすめです。

zenback