2011-02-04

ADA 90P水槽をセットアップ

さて年末より入荷待ちだった、ADAの90P水槽がようやく家にやってきたので早速セットアップです。と言っても実際は1月の中旬の話ですが。

■水槽の設置

まずは台の上にADA純正のマットを敷いて設置。ADAのマットはちょっとお高めですが、厚みがふつうのものより厚くなっています。マットが薄いと台の歪みを吸収式ない場合もあるよとお店の人のアドバイス。90cm水槽の崩壊はさすがに怖いので、ここはアドバイス通り純正のものを購入しました。
さすがに90cmともなると重いです。腰をいためないように注意!

■底床


まずは特売で買ったプラチナソイルの普通のつぶの大きさを8リットル分敷ます。その上に今回は水草の栄養分としてトロフィカル Baseを2リットル分敷きました。90cmの水槽の場合はもっと多く敷く必要があるようですが、設置後苔が止まらなかった場合にコレのせいにしたくなるような気がするのでちょっと少なめです。


その上に、プラチナソイルのスーパーパウダーを敷きます。24リットル分用意しましたが全部は使わずにすみました。左奥を少し盛り上がらせています。


■流木のレイアウト・水草の植栽



そして、流木をレイアウト。手持ちの流木のうち1本を残して全て使いました。事前に流木の組み方をシミュレーションしていたので比較的スムースに決まりましがどうでしょうね?
植栽した水草は、以下のとおり。水草も90cmとなると結構お金がかかります。
  • アヌビアス ナナ(5ポット分)
  • ベトナムゴマノハグサ(水上葉)(12本)
  • ボルビティス ヒュディロティ(トロピカポット)(1ポット)
  • パールグラス(20本)
  • ブリクサショートリーフ(6株)
  • ニューオランダプラント(水上葉)(10本)

■完成!


ライトを点灯!
CO2は予算の関係から20cm水槽で使用したものを利用。まずは1滴/3秒くらいから始めます。


90cmの大きさになると上から眺めるのも楽しいですね。


0 件のコメント:

zenback