2011-04-14

目黒川の桜 その2

2011年のお花見散歩、目黒川の桜その2です。(目黒川の桜 その1もぜひご覧ください。)


鴨の泳ぐ水面が面白い感じなりました。


コンクリートの周りには桜の花びらで縁取りです。


桜の花びらの流れる水面をスローシャッターで。


ただの雀ですが、ちょっとオーバー気味になってしまったのを、現像したらさわやかな感じになりました。


はしごの赤いドットが何となく印象に残りました。

2011-04-11

目黒川の桜その1

今年の花見は近場でということで、目黒川を散歩してきました。スタートは池尻大橋。ゴールは中目黒です。(桜はもっと先まで続いています。)
日曜日ということで人がたくさん。目黒川の両端に桜が続くだけなので、余り変化にとんだ感じはしませんがボリューム感はそこそこあって楽しめました。ただ、もう少しくつろげるような場所があるといいんですけどね。

PENTAX K-7・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 3.1

PENTAX K-7・SIGMA 50-150mm F2.8 APO EX DC HSM・Aperture 3.1<
PENTAX K-7・SIGMA 50-150mm F2.8 APO EX DC HSM・Aperture 3.1
PENTAX K-7・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 3.1
PENTAX K-7・TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di・Aperture 3.1

2011-04-04

ペンタガーデンProを水槽に投入


水槽の肥料はカリウム水溶液のみでいいかなと思っていました。コケの付着も無く調子もいいのですが、さらに育成のスピードを高めてみようと、液肥を添加してみようかと思いました。ネットでいろいろ物色しましたが、最終的にはペンタガーデンProに決定。決めてはALA配合ということと、その濃度。ボトルには濃縮された原液が入っていて、使用時には1000倍にして希釈します。水槽用にも1000倍で利用するといいと書いてありますが、単純に総水量に対して添加してしまうと、おそらく濃すぎると思うのでとりあえずは5mlを添加してみました。お値段は2000円以上しますが、コスパ的にはいいんじゃないでしょうか。今後様子を見ながら増減させてみようかと思います。
うちの部屋は日当りが悪いので同時に観葉植物にもあげてみました。さて効果のほどはいかに?
添加時には、ワンプッシュ1mlの容器と、1滴0.1mlの容器に小分けしています。1mlの方は90cmのほうに使いますが、20cm水槽の方にはちょっと多いような気がするので0.1mlの容器で添加してみようと思います。
ちなみにこの容器は2価鉄イオンの原液であるFeエナジーの空ボトルを再利用してみました。Feエナジーは鉄系の肥料で、メネデールや鉄力アグリなどいろいろありますが、こちらの鉄1グランプリによるとADAのECAに匹敵する濃度。濃ければいいという物でもありませんが、ある程度の濃さが無いと効果は薄いのは間違いないと思います。個人的には濃縮タイプの方が場所もとらないので結構おすすめです。もちろん、赤系の水草にもばっちり効果があるようですよ。20mlで1本300円。90cm水槽だと1回2mlくらい使用しますので、だいたい週一で使うと10週分くらいです。今回は3本購入で900円。半年くらいは持ちますね。

zenback